2010年02月06日

未成年者の喫煙事情 甘い社会的規制を危ぶむ声も (産経新聞)

 未成年者の喫煙の“抜け道”を絶て−。たばこ行政を管轄する財務省は、インターネットによるたばこ販売が未成年者への喫煙の抜け道になる恐れがあるとして、ネット販売の実態調査に乗り出す。最も問題になるのは「年齢確認」。平成20年に導入された成人識別ICカード「タスポ」で未成年者の喫煙が大幅に減少したという指摘がある一方、「抜け穴だらけ」と甘い社会的規制を危ぶむ声もある。(日出間和貴)

                   ◇ 

 ◆抜け穴だらけ

 財務省によると、たばこの小売業者は全国で約29万店。主に対面販売や自動販売機で扱っている。ネットによる販売を手がけているのはごく一部とみられるが、実態は不明だ。

 同省理財局たばこ塩事業室によると、ネットでたばこを扱うのは全国で数十業者。中には年齢確認を本人の回答に任せ、身分証の提示を求めないケースが見受けられるという。「ネット販売を認めるのは病気などで外出ができないなどネットの利便性を受ける人がいるため」と同省は説明する。

 「タスポの自販機が普及して以降、未成年者の一部はコンビニエンスストアやスーパーなど対面販売に流れた。ネットはその先にある入手方法で、対面販売と違って目視できないため成人かどうか分かりづらい」とたばこ塩事業室の宮尾英志課長補佐。調査結果は4月をめどにまとめる予定だ。

 ◆友人や先輩に…

 「未成年者による自販機からのたばこ購入防止」を目的に設置されたタスポは導入から約1年半。日本たばこ協会(東京都港区)によると、タスポ対応の自販機は99・6%に達し、タスポ発行枚数は約960万枚。喫煙者の約3人に1人がタスポを保有する計算だ。

 協会はタスポの普及で未成年者の喫煙を少しでも削減したい考えだ。しかし、発行には身分証の提示が義務付けられているものの、現実にはタスポの貸し借りが横行。「業界は“タスポ効果”と歓迎しているが名ばかり。タスポが自販機によるたばこ販売の延命策になっている側面がある」という声もある。

 厚生労働省の研究事業として平成20年度に行われた「未成年の喫煙・飲酒状況に関する実態調査」によると、喫煙経験のある高校生は男子22・3%、女子14・3%。タスポを使った経験は毎日喫煙するという中学生の場合、男子54・3%、女子65・6%に達する。タスポの入手方法は、家にあるカードを持ち出すほか、家族や知人から借りていた。

 30年来、喫煙問題に取り組んできた渡辺文学さんは「社会全体が未成年の喫煙に甘く、抜け穴だらけ」と指摘する。「コンビニにしても年齢確認は徹底されていない。売る側にアルバイトの高校生がいたら未成年でも先輩や友人にたばこを売ってしまうのでは」と話す。

 今秋、たばこ税の増税(1本当たり5円)でたばこの価格は1箱300円から400円に値上げされる。未成年者の喫煙を防ぐには「値上げが最も有効」という声がある中で、未成年の喫煙にどんな影響があるのか−。

                   ◇

 ■インターネットによるたばこ販売 

 ◆「年齢確認」甘い業者も

 たばこの小売業者が自社のサイトで扱っているケースが多い。しかし、中には「あなたは20歳以上ですか?」という設問に「はい」とクリックするだけで購入できてしまう「年齢確認」のハードルの低い業者もある。画面上に陳列するたばこには外国の銘柄も多く、明らかに若いスモーカーを意識していることがうかがえる。カートン単位での購入が基本だが、ばら売りに対応する業者もある。購入者は注文後、指定の振込先に代金を入金すれば1週間前後でたばこが届く。

普天間返還問題「完全履行は不明」 防衛相(産経新聞)
コンビニ強盗目撃者、逃走経路を携帯で「実況」(読売新聞)
覚せい剤2・5キロ、MDMA2000錠も(読売新聞)
川崎自民国対委員長「石川議員は辞職せよ」(産経新聞)
横浜事件、実質無罪=刑事補償を決定−裁判打ち切りの元被告・地裁(時事通信)
posted by ヒラカワ カズヒロ at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待−金沢大(時事通信)

 慢性骨髄性白血病の治療薬を効きにくくするたんぱく質を、金沢大がん研究所(金沢市)が突き止めた。このたんぱく質の働きを抑制することができれば、治療薬の効果を向上させ、再発防止に役立つとしている。4日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 慢性骨髄性白血病は、遺伝子の異常によって血液内にがん細胞(白血病細胞)が増える病気で、毎年10万人に1人程度発症するとされる。グリベックなどの薬剤が治療の主流だが、白血病細胞のもととなるがん幹細胞が治療後も生き残り、再発するケースが少なくない。
 同研究所は、幹細胞内で「FOXO」というたんぱく質の働きが活発になると、薬剤への抵抗力を持つことを発見。FOXOを持たない白血病のマウスにグリベックを投与したところ、FOXOを持つ普通のマウスよりも生存率が2倍ほど高かった。
 同研究所の平尾敦教授は「白血病は再発防止が課題だった。人のがん細胞でも同じ結果を確認しており、ほとんどの患者に適応できるだろう」と話す。今後、FOXOの働きを抑制させる薬の開発が望まれるとしている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発

大阪・城東で男性はねられ死亡(産経新聞)
<福岡県汚職>前町村会局長も贈賄容疑で逮捕(毎日新聞)
【中医協】感染防止対策加算などを新設(医療介護CBニュース)
ごみ収集で市幹部ら不正、無許可業者に便宜 大阪・松原(産経新聞)
被爆ピアノで平和の調べ=「核悲劇、繰り返すな」−「第五福竜丸」と共演・東京(時事通信)
posted by ヒラカワ カズヒロ at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンピング競争慎んで 前原国交相が日航に苦言(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は2日の閣議後会見で、稲盛和夫会長ら新経営陣のもと、経営再建を図る日本航空について、「公的資金を入れてダンピング競争に陥ることは厳に慎まなければいけない」と語った。官民ファンドの企業再生支援機構による支援決定後、割引商品を発表している日航にクギを刺す格好となった。

 前原国交相は「自らが公的資金を入れられて再生途中であることを考え、サービス向上やリストラ、子会社の整理を徹底的にやる中で、再生を果たしてほしい」と強調。財務状況が改善した日航が、ライバル会社の全日本空輸と過当な価格競争を行い、「共倒れ」する可能性を指摘した。

 公的資金を使った企業再建を巡り、前原国交相は1月22日の会見で、公正取引委員会に対し、公平で公正な市場を確保するための指針の策定を要請する考えを示している。

【関連記事】
総合商社6社、日航関連で損失800億円
出光が大幅減収減益 日航株で損失55億円
稲盛・日航会長が羽田空港の現場を視察 「働きがいのある会社に」
日航再建 連合系労組との対決課題
日航新体制 嵐の「離陸」 稲盛氏「再建は十分可能」

羽田離陸直後に左エンジンから出火、緊急着陸(読売新聞)
<普天間移設>検討委、3月末に候補地決定(毎日新聞)
鳥取不審死 上田容疑者 家電購入直後に転売 水死男性、頻繁に督促(産経新聞)
<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)
毎日新聞に100万円賠償命令=元秘書官発言、不正確に引用−東京地裁(時事通信)
posted by ヒラカワ カズヒロ at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。