2010年05月22日

赤松農水相の不信任案、自公共同提出で一致(産経新聞)

 自民党の川崎二郎、公明党の漆原良夫両国対委員長は21日、国会内で会談し、宮崎県での口蹄(こうてい)疫被害への対応が遅れたとして、赤松広隆農水相に対する不信任決議案を共同で提出することで一致した。みんなの党やたちあがれ日本も賛成する方針。決議案は、与党の反対多数で否決される見通しだが、野党は参院で問責決議案提出を検討するなど徹底抗戦する構えだ。

 一方、口蹄疫問題に関する国会対応については、民主党の山岡賢次国対委員長が21日、川崎氏との会談で、25日に衆院、26日に参院の両本会議で質疑を行うとともに、25日には衆院農水委員会で集中審議を開くことを提案し、川崎氏は受け入れた。

 自民党の谷垣禎一総裁は21日、党本部で記者団に対し、初動態勢に不備はなかったなどとした20日の赤松氏の国会答弁について「これ以上の被害を絶対阻止するとの気概が感じられなかった」と批判。25、26両日の国会審議を受けて、赤松氏の不信任決議案を提出する考えを明らかにした。

 公明党の井上義久幹事長は21日の記者会見で、赤松氏に対し「被害を拡大させた責任は極めて重大で、結果責任を取るべきだ。不信任に値する」と、自発的辞任を求めた。

【関連記事】
「農水相がゴルフ」報道 TBSが「取材不十分」と謝罪
またまたまたTBS…赤松氏「ゴルフ疑惑」“捏造”だった
口蹄疫 農水相の自発的辞任要求 公明・井上氏
経済支援策を追加へ 口蹄疫問題で 一律支払い方式は撤回
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官
中国が優等生路線に?

裁判員裁判通訳人 選任基準あいまい 資格制度の必要性指摘(産経新聞)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
<沖縄>平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
<口蹄疫>殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省(毎日新聞)
posted by ヒラカワ カズヒロ at 01:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。