2010年04月12日

西山元記者「超完勝だ」=判決に拍手−沖縄密約訴訟原告(時事通信)

 「超完勝だ。何も言うことはない」−。日米の密約文書をめぐる情報公開訴訟の原告の1人で、機密電信文の漏えい事件で過去に逮捕された元毎日新聞記者・西山太吉氏(78)は、9日の勝訴判決後、うなるような声でよろこびを語った。
 裁判長が「不開示決定を取り消す」と主文の読み上げを始めると、原告らは驚いたように静まり返った。請求が全面的に認められたことが分かると、傍聴席からは「よしっ」と小さな声が上がり、閉廷時には拍手がわいた。
 その間、原告席に座った西山氏は目をしばたかせ、何度も首をひねり、落ち着かない様子。一方、国側代理人はうつむいて聞き入った。
 法廷を出た西山氏は「われわれがベストを尽くしたことをすべて汲み取ってくれた。これ以上の判決はない」と言い切った。 

「ママの星」山崎さん打ち上げ 宇宙にも吹く、女性進出の風(産経新聞)
賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)
文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
<マンション火災>重体の父親死亡 川崎(毎日新聞)
posted by ヒラカワ カズヒロ at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。