2010年06月03日

生活保護受給者の老齢加算廃止、2審も原告敗訴(読売新聞)

 生活保護を受けている70歳以上の高齢者に上乗せ支給されていた「老齢加算」の廃止は憲法が保障する生存権を侵害するとして、東京都内の12人が居住地の区や市を相手取り、加算廃止決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が27日、東京高裁であった。

 青柳馨裁判長は「原告らの生活が『最低限度の生活』を下回っているとは断定できない」として請求を棄却した1審・東京地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。

 原告らは、生活保護の基準生活費(月額約7万5000円)に加え、月額約1万8000円の老齢加算を受け取っていたが、厚生労働省は2006年度までに全廃した。

 原告側弁護団によると、老齢加算廃止を巡っては全国8地裁で同様の訴訟が起こされ、4地裁で請求を棄却する判決が出ており、控訴審判決は今回が初めてという。

岩手・宮城内陸地震の被災国道、復旧ウオーク(読売新聞)
<口蹄疫>鳩山首相、近く宮崎訪問(毎日新聞)
コンパ後死亡の神奈川歯科大生 上半身に落書き、顧問も同席(産経新聞)
<温家宝首相>東京都内をジョギング 上智大で野球も(毎日新聞)
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨(産経新聞)
posted by ヒラカワ カズヒロ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。